💙Kissing a Fool🎙George Michael 👁Blue Eyed Soul🤎 euphoria💟music〜多幸感💛音楽🎶

ジョージ・マイケルのソロ・アルバムのタイトルは『Faith』だけど、製作中の仮タイトルはこの曲のタイトルと同様『Kissing A Fool』だった。
このアルバム『Faith』のエンディングを飾っていた哀愁たっぷりのナンバー”Kissing A Fool“は、全米🇺🇸シングルチャートで5位⬆というのは立派な成績だけど、1枚のアルバムからのシングルでの連続No1👑記録4曲で途切れてしまったのはちょっと残念!でも、十分やけどね。

ジョージ・マイケルの米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”ランクイン曲ベスト20🎶

1.「フェイス」ジョージ・マイケル、1位(4週)1987年12月12日

2.「ケアレス・ウィスパー」ワム! feat. ジョージ・マイケル 1位(3週) 1985年2月16日

3.「ワン・モア・トライ」ジョージ・マイケル 1位(3週) 1988年5月28日

4.「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」ワム!1位(3週) 1984年11月17日

5.「恋のかけひき」ワム!1位(2週) 1985年5月25日

6.「ファザー・フィギュア」ジョージ・マイケル 1位(2週) 1988年2月27日

7.「愛のおとずれ」アレサ・フランクリン&ジョージ・マイケル 1位(2週) 1987年4月18日

8.「モンキー」ジョージ・マイケル 1位(2週) 1988年8月27日

9.「アイ・ウォント・ユア・セックス」ジョージ・マイケル 2位 1987年8月8日

10.「プレイング・フォー・タイム」ジョージ・マイケル 1位1990年10月13日

11.「アイム・ユア・マン」ワム!3位 1986年2月1日

12.「フリーダム」ワム!3位 1985年9月28日

13.「ドント・レット・ザ・サン・ゴー・ダウン・オン・ミー」ジョージ・マイケル&エルトン・ジョン 1位 1992年2月1日

14.「ア・ディファレント・コーナー」ジョージ・マイケル 7位1986年6月14日

15.「キッシング・ア・フール」ジョージ・マイケル 5位 1988年11月26日

16.「フリーダム’90」ジョージ・マイケル 8位 1990年12月22日

17.「ヘヴン・ヘルプ・ミー」ディオン・エスタス with ジョージ・マイケル 5位 1989年4月29日

18.「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム! 10位 1986年8月16日

19.「ファスト・ラヴ」ジョージ・マイケル8位 1996年6月1日

20.「トゥー・ファンキー」ジョージ・マイケル 10位 1992年8月8日

ジョージ・マイケルをジョージと呼ぶと、ハリスンの顔が浮かぶし、マイケルと呼べば、ジャクソン…になってしまう。だから。ジョージ・マイケルとフル・ネームで呼ぶのだ。

灼熱のネバダ州を横断する孤独なハイウェイ🇺🇸ルート50。ラスベガスまでは、まだ数時間はかかるだろう。長く孤独なUS50ロード…小さな町だろうか…ようやく先にドライブインの看板が見えてきた。このUS50には街灯もないし、自動販売機なんてものは一切ないのだ。俺はカラッカラに乾いた喉を潤すために、そのドライブインに砂埃をあげながら、73年式の愛車のプリ厶ス・バラクーダをドライブインの敷地内に入れた。

“カランカラン”と、ドアチャイムを鳴らしながら店内に入った。店内にはほとんど客がいない。ただクーラーで店内はキンキンに冷えている。俺の汗が一気に引いていくのがわかる。

俺はカウンターの初老のボーイに「I’d like a frozen daiquiri, please(フローズン・ダイキリを…)」と、注文した。初老の男性は「Noted on this」と丁寧に言って、俺の目の前で手際よく、ホワイトラムにキュラソー、ライ厶ジュース、ガムシロップをそれぞれ、1tspそして、クラッシュアイスをグラスに軽く山盛りにして差し出した。ボーイは静かに言った「Enjoy」

火照った身体にクラッシュアイスとラム酒が染み渡る…初老のボーイに「Good taste」と、言うと、ボーイは「You’re welcome」と、目配せしながら少し微笑んだ。

ふとカウンターの端に目をやると、ヴィンテージなジュークボックスが置いてあった。おそらく50年代のものだろう。俺はミュージックリストを覗いてみた。聴きたい曲があったのでジーンズのポケットから50セントを取り出し、R―1のボタンを押した。静かに流れてきたのは、ジョージ・マイケルの”Kissing A Fool“だった

『ここでこの動画を聴いてね』

真夏🌞のクソ暑い昼下がり…砂漠🏜の中にポツンとあるドライブイン。よく冷房が効いたオールドテイストな店内に流れる、ブルー・アイド・ソウルと、キンキンに冷えたフローズン・ダイキリ‥まるで古い映画🎦のワンシーン・ワンカットを観ているようで、この上なくいい気分だ…(⁠ ⁠ꈍ⁠ᴗ⁠ꈍ⁠)

『こればっかや!このバターン何度目や??(⁠゜⁠o⁠゜⁠;あんたも好きねぇ〜』『妄想は、もうよそう…』

『アポーッ‼️』

と、マイケルが言ってます。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 笑 must go on - にほんブログ村

カテゴリー

2件のコメント

ジョージ・マイケルも本当に亡くなって惜しい人の1人
生きてれば、まだまだ数々の曲を残せた筈なのに
何しろ歌が上手い
忘れもしないフレディマーキュリー追悼コンサートでのクイーンをバックにしてのボーカル
もしかしたらアダム・ランバートではなく、今もクイーンのメンバーで歌ってたのではないか
一時、ボーカルを務めた元フリーのポール・ロジャースも良かったけど、こちらジョージ・マイケルの方がピッタリはまってました
それが本当に残念
https://youtu.be/UvM2Cmi-YRU?si=Ixx-lzwfabU9KI5q

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
saichin
【サイチンのプロフィール】 某大手音楽ソフトリテイラーとして、長きにわたりマネージャーを務め、その後カリフォルニアスタイルのロングボードサーフ&ファッション・ショップを12年経営した。 ロングボード、ウィンドサーフィン、スキー、スノーボードなどの横乗り系スポーツ、バイク、車、ファッション、映画、旅行、雑貨、B級グルメ等、多岐の趣味を持つ。 音楽に関しては、洋楽、J−POPSのジャンルを問わず、広い知識を持つ。 特に、80年代J−POPSには無類の知識を持っている。 ユーミン、山下 達郎、竹内 まりあ.サザン・オールスターズ、角松 敏生、須藤薫、村田 和人、南 佳孝、稲垣 潤一、今井 美樹、芳野 藤丸(SHOGUN)、大瀧詠一&ナイアガラ関連etc… 洋楽では70‘sフォーク・ロック、80‘sAOR、フュージョンの知識は豊富である。 所有レコード2000枚以上、CD2000枚以上。(ピーク時) 好きな言葉は"Free&Easy"と"POP"  座右の銘は"明日は明日の風が吹く" そんな"ポップ"なウェア、雑貨、CD&レコードをヤフオクやメルカリにも出品している。 AOR&ウェスト・コースト関連レコード約400枚購入希望の方はコメント欄からお願いします。