🌟♡空と海の輝きに向けて🌟🎙荒井由実

1972年7月5日、荒井由実デビュー・シングル“返事はいらない”のB面曲♪
俺はこの曲に感動したのだ。( o̴̶̷᷄ ·̫ o̴̶̷̥ )

とてつもないスケールの大きい曲だ。コレがB面というのだから凄い!
70年代初期、フォーク全盛の時代にこんなにもスケールの大きい詩を、弱冠18歳の女の子が書いたのだから驚きだ!(⊙⊙)‼これも神✨曲(天から降ってきた曲⬇)なのじゃないか⋯🤔💭と思えてしまうくらい、神々しい詩だ。

“遠い空の彼方に 金色の光がある 永遠の輝きに 命の舵を取ろう♪”
「何なんだ⁉️この歌詞は!!(⊙⊙)!!!!!」
映像は浮かばないが、哲学的というか、普遍的と言うか…もうこれは“宇宙の歌だ”

ユーミンは神に選ばれし“神の子”なのではないのかな…🤔💭

俺にとって…またユーミンファンにとって、2022年7月5日は大きな節目の日になった。
『ユーミン・デビュー50周年』を迎えたのだ。👏👏👏
俺の青春であり、そして過ぎた人生の大半がユーミン・サウンド♬.*゚に彩られていると言っても過言ではない。

ユーミンが『ニューミュージック』という音楽ジャンルを業界で初めて口にしたこと。

俺が19歳の時…1975年の秋だったかな…?大倉山の神戸文化ホールで、“荒井由実コバルトアワーツアー”のチケットを2枚買い、憧れだった1つ上のテニス🎾部のN・由美子さんを誘ったけど、前日まで誘う勇気が出なくて電話出来ずヘタレな俺は当日に彼女に電話して誘ったが、「あまりにも急で行けないよ!」と、断られたこと。
『由実を誘って由美子にフラレた…』というシャレた話。
「あまりにも悔しいから、ユーミンに向かって由美子ぉー❣️」と、叫んでやるか…⋯🤔💭ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)笑と思ったこと。

そのユーミンのコンサートが俺の“人生初のコンサート”だったこと。
白のパンタロンスーツをお洒落に着こなし、白いソフトを少し斜めに被り、真っ赤なルージュ💋で彩ったユーミンが“恋のスーパーパラシューター”を歌った時のカッコよさは衝撃的だった!(⊙⊙)‼️こと。

そして初めてピアノの弾き語りで、”ひこうき雲”のイントロを聴いた時、胸の震えが止まらず、最初のピアノの1小節だけで涙が零れ落ちちた(ó﹏ò。)ウゥゥ💧18年生きてきてこれほど感動した事はなかった。
それから俺はユーミンの虜になってしまったこと。ℓσνє♡( Δ♥)

大学時代のドライブ🚙💨デートは、ユーミンの『MISSLIM』のカセットをいつも聴いていたこと。

高校の友人のS氏とお互いに会社を辞め、菅平のスキー場のホテルに住込みのバイトをしていた時、毎日ラジカセで聴いていたのが『Surf&Snow』のアルバムだったこと。

その後、入社が決まっていたLEVI’Sジャパンを断り、レコード販売会社『WAVE』(旧ディスクポート西武)に就職したのも「ユーミンにいつか会えるかもしれない!」という気持ちがあったからのこと。

初の赴任先の船橋西武のディスクポート西武で『昨晩お会いしましょう』の発売記念で、フロントのステージのディスプレイ造りを自ら志願し、任せてもらい造作を徹夜して造ったこと。
そしてその出来映えを、西部百貨店の販売部長にえらく褒められて嬉しかったこと。

ユーミンのアルバムの発売毎に百枚単位でオーダーしたこと。そして誰よりも早くサンプル盤でNEWアルバムの曲🎶を聴いていたこと。

東芝EMIのセールスレディにいつもコンサートのチケットを取って貰っていたこと。

初めて彼女と行った大阪城ホールでのコンサートも“DA・DI•DA(ダ•ディ•ダ)のライブ”だったこと。

神戸のワールド記念ホールでの『ALARM a la modeツアー』に女友達と待ち合わせしたけど、開演の時間が迫ってきてるのに彼女は来ない!俺は開演寸前で会場に飛び込み、オープニングから2曲を聴いて会場の外に出たら彼女が立ち尽くして泣いていたこと。(当時、開演直後には会場には入れなかった)彼女を待つか、ユーミンを観るか…悩んだ末、ユーミンを選んでしまったこと。

ユーミンのNEWアルバム『Delight Slight Light KISS』発売記念のコンベンションで念願のユーミンに会える事が叶ったその日、琵琶湖でウインドサーフィンをしていて漂流してしまい、会場に行けなかったこと。

『DA•DI•DA』のコンサートに一緒に行った彼女と23年ぶりに再会した時に誘った2009年の『Transit』コンサート・ツアーをグランキューブ大阪で観たこと。

2013å¹´1月3日、東京日本武道館で開催される寺岡呼人主宰のイベント「Golden Circle Vol.17」withキャラメル・ママのライブにどうしても参加したくて、チケットもないのに新幹線🚄に飛び乗り、武道館を目指し、ヤフオクで新横浜辺りでようやくチケットを27000円でゲット!出来たこと。

2017å¹´ 4月1神戸国際会館こくさいホールでの“宇宙図書館2016―2017”ツアー。

【セットリスト】
1 宇宙図書館
2 あなたに会う旅
3 影になって
4 AVALON
5 BABYLON
6 夢の中で~We are not alone,forever
7 ひこうき雲
8 Midnight Scarecrow
9 リフレインが叫んでる
10 月までひとっ飛び
11 ルージュの伝言
12 何もきかないで
13 Smile for me
14 残火
15 満月のフォーチュン
16 破れた恋の繕し方教えます
17 真夏の夜の夢
18 ダンスのように抱き寄せたい
19 気づかず過ぎた初恋
20 GREY
《アンコール1》
21 星になったふたり
22 メドレー(DANG DANG、14番目の月、守ってあげたい、埠頭を渡る風、真珠のピアス、オールマィティー、
春よ、来い、カンナ8号線、DESTINY)
《アンコール2》
23 タワー・サイド・メモリー

神戸公演だけのスペシャル・アンコール👏👏👏

ユーミンのオリジナル・アルバム37枚全て持ってること。

俺の人生に、ユーミンが深く関わっていた事は紛れもない事実なのだ。
俺のペンネームが『荒い海🌊』だったということも付け加えておこう。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

遅ればせながら…『ユーミン万歳❣️』だわ。

女王👸対決❣️ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)笑

ずっと聴いていられるなぁ~(^︶^)タノシイ!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

3件のコメント

ユーミンは名曲が多いので、何十年も経ってから再発見する曲も沢山ありますね。
最近は「潮風にちぎれて」が私のお気に入りになってます。

私は神戸のパンの銘店「春夏秋冬」の食パンを”塩かけてちぎって”食うのが好きです。
今日も三ノ宮で買って帰りました。

「塩」だけに、上手く「かかって」ますね。
ユーミンの曲の良さを、よく噛み締めて、味わえそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
DJ Saichin Records
【サイチンのプロフィール】 某大手音楽ソフトリテイラーとして、長きにわたりマネージャーを務め、その後カリフォルニアスタイルのロングボードサーフ&ファッション・ショップを12年経営した。 ロングボード、ウィンドサーフィン、スキー、スノーボードなどの横乗り系スポーツ、バイク、車、ファッション、映画、旅行、雑貨、B級グルメ等、多岐の趣味を持っている。 音楽に関しては、洋楽、J−POPSのジャンルを問わず好きです。 所有レコード5000枚以上、CD4000枚。 好きな言葉は"Free&Easy" 座右の銘は"明日は明日の風が吹く"