🤠What You Won’t Do For Love〜風のシルエット🎙ボビー・コールドウェル Blue Eyed Soul🤎 euphoria💟music〜多幸感💛音楽🎶

作詞・作曲:BOBBY CALDWELL/FERNANDOALFONS KETTNER

ボビー・コールドウェルは、ニューヨーク・マンハッタン生まれ。1978年のシングル”風のシルエット (What You Won’t Do for Love)“が大ヒット‼️し、当時流行していたAORの新星として脚光を浴びる。
洗練された音の世界を持ちつつも、多くの初期AORシンガーのようにヴォーカルスタイルはR&B色が濃く、ブルー・アイド・ソウルのシンガーとして分類されることもある。
作曲家としてボズ・スキャッグスに、”Heart of Mine“元シカゴ のピーター・セテラに”Next Time I Fall” “Stay with Me”等、提供曲は全て大ヒット‼️その作曲のセンスは相当なもの。特筆すべきは、転調につぐ転調♪⇒♫⇒♬🔃をこれでもかと!駆使し…絶頂へと⤴️

オイラが、初めてボビー・コールドウェルを知ったのは1978年春に輸入盤でリリースされたデビューアルバム『What You Won’t Do for Love 邦題: 風のシルエット』で、22歳の大学4回生の時だった。当時は三宮のサンプラザの1FにあったレコードSHOP『AOIレコード』で買った。

わずか10坪あまりの小さな店なんだけど、山下達郎と深い親交があって、達郎のデビュー・アルバムを500枚売ったという伝説がある。達郎も”サンデー・ソングブック”でその話をしたことがあった。

話は違うが、オイラは、サザン・オールスターズの『HAPPY』のCD(10000円)を1000セットオーダーしたことある。

でもまだ達郎が世に出た時で、海のものとも山のものともわからない時の500枚‼️ギャンブルとは比べ物にならんね。(*ノω・*)テヘ!

入口を入った、左のエサ箱(アルバムが入っている陳列什器)3列❎3列の輸入盤コーナーがあった。その輸入盤の上右端にキャプションが付いていて、書いていた文言が”白いスティーヴィー・ワンダー“”AORのニュー🌟スター登場!“と、書いてあった。キャプションの文言が的を射ていて、聴かずとも内容が解るので即買い!だった。同時に輸入盤の新譜リリースされていたのが、クリストファー・クロス🦩 のデビューアルバム✨(邦題:南から来た男)エッ⁉️心斎橋出身??😁

デビュー当時は『シンガー・ソング・プロレスラー』と呼ばれていた。🤣🤣美しい、ハイトーン・ヴォイスでどんなルックスだろう…🤔と、期待してたらアメリカのプロレスラー、カルホーンだった🤣🤣

このアルバムは、発売年度1994年の夏までに全米🇺🇸だけで★★★★★500万枚の出荷されたという、大ヒット‼️アルバムだ。1980年度のグラミー賞で『Album Of The Year/最優秀アルバム賞』を受賞🏆

よく見ると可愛いんよね〜カワ(・∀・)イイ!!

話を、ボビーに戻そう。1979年10月4日大阪フェスティバル・ホールの初来日に行った。それはそれは素晴しい声だった。のちに”ミスターAOR“と、呼ばれるほど、AORシンガーの代名詞となった。

ミスターAORは、昨年2023年3月14に帰らぬ人となった。オイラはそれを知らなくて、徳島にサーフィンに行った帰りに後輩のジョニーに聞いて驚いた…(TT)とても寂しい気持ちになった。🥴「ボビーお前もか…(⁠。⁠ŏ⁠﹏⁠ŏ⁠)」

今も、デビューアルバムの『イブニング・スキャンダル』は、燦然と輝く✨✨AORの超名盤✨として聴いている。ボビー特有の、ちょっと鼻にかかった声が素敵なのだ💟そして、つまらない曲が1曲もないのが素晴しい✨🤩

オイラは”ボビーに首ったけ“だったのに(TT)そして、”You are special to me“だった。

今でも、この素敵なパーラメントCMを忘れない。
ジャズもとても素敵だ!(⁠*⁠˘⁠︶⁠˘⁠*⁠)⁠.⁠。⁠*⁠♡
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 euphoria music多幸感音楽 - にほんブログ村

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
saichin
【サイチンのプロフィール】 某大手音楽ソフトリテイラーとして、長きにわたりマネージャーを務め、その後カリフォルニアスタイルのロングボードサーフ&ファッション・ショップを12年経営した。 ロングボード、ウィンドサーフィン、スキー、スノーボードなどの横乗り系スポーツ、バイク、車、ファッション、映画、旅行、雑貨、B級グルメ等、多岐の趣味を持つ。 音楽に関しては、洋楽、J−POPSのジャンルを問わず、広い知識を持つ。 特に、80年代J−POPSには無類の知識を持っている。 ユーミン、山下 達郎、竹内 まりあ.サザン・オールスターズ、角松 敏生、須藤薫、村田 和人、南 佳孝、稲垣 潤一、今井 美樹、芳野 藤丸(SHOGUN)、大瀧詠一&ナイアガラ関連etc… 洋楽では70‘sフォーク・ロック、80‘sAOR、フュージョンの知識は豊富である。 所有レコード2000枚以上、CD2000枚以上。(ピーク時) 好きな言葉は"Free&Easy"と"POP"  座右の銘は"明日は明日の風が吹く" そんな"ポップ"なウェア、雑貨、CD&レコードをヤフオクやメルカリにも出品している。 AOR&ウェスト・コースト関連レコード約400枚購入希望の方はコメント欄からお願いします。