💙Everytime You Go Away🎙Daryl Hall & John Oates Blue Eyed Soul🤎 euphoria💟music〜多幸感💛音楽🎶

作詞・作曲・編曲:Daryl Hall,

Everytime You Go Away“は、ダリル・ホール&ジョン・オーツが1980年のアルバム『モダン・ヴォイス』で発表した楽曲。

こんなライヴ観たらオイラは失神😵‍💫しちゃうわ!出だしのダリルのヴォーカルは鳥肌もんやね!(⁠>⁠0⁠<⁠;⁠)あの、ダイアナ・ロスが「私は貴方の大ファン♥なの!」って言ったのも納得!(⁠ ⁠ꈍ⁠ᴗ⁠ꈍ⁠)

作詞・作曲はダリル・ホールにより、音楽的にはゴスペル✞/ソウル🤎色が取り入れられたホール&オーツのヴァージョンは、シングル・カットされなかったが、1985年にはポール・ヤングによるカヴァーが大ヒット‼️した。アレンジが良いよね(⁠◠⁠‿⁠◕⁠)!

Billboard🇺🇸Top40 1985年8月10日


1️⃣ SHOUT / TEARS FOR FEARS
2️⃣ EVERYTIME YOU GO AWAY / PAUL YOUNG
3️⃣ IF YOU LOVE SOMEBODY SET THEM FREE / STING
4️⃣ NEVER SURRENDER / COREY HART
5️⃣ THE POWER OF LOVE / HUEY LEWIS & THE NEWS
6️⃣ WHO’S HOLDING DONNA NOW / DEBARGE
7️⃣ GLORY DAYS / BRUCE SPRINGSTEEN
8️⃣ FREEWAY OF LOVE / ARETHA FRANKLIN
9️⃣ GET IT ON / POWER STATION
🔟YOU GIVE GOOD LOVE/WHITNEYHOUSTON

80年代に最も売れたポップス・デュオ”Daryl Hall & John Oates”

80年代には数多くの名アーティストが存在し、数え切れないほどの名曲が創出されたアーティストこそ”Daryl Hall & John OatesポップでキャッチーなメロディーR&Bやソウル🤎テイストを匂わせるその楽曲は今も色褪せず、いつ聴いても新鮮でオシャレな魅力があるね。

ダリル・ホールの伸びやかな声が素晴しく響き渡る渾身のバラード曲は聴く者を虜にしてしまう魅力がある。(⁠*⁠˘⁠︶⁠˘⁠*⁠)⁠.⁠。⁠*⁠♡

ブルー・アイド・ソウル🤎いう呼び方をされたのは、日本では彼らが最初じゃないかな🤔?本来は60年代の、ディオン&ザ・ベルモンツとかが先駆者なんやけど。

一方、泉大津は…

作詞・作曲:Daryl Hall John Oates Sara Allen

やっぱり、ホール&オーツのサウンドだし、ソウルフルやね🤎👍

当然、オイラはホール&オーツのライブも大阪城ホールで観に行った。”Private eyes 👏👏They’re watching you👏👏”とホール&オーツが歌った時に、ステージの電飾がバシバシ光った🔆✴️時に2拍👏👏した覚えがある。

作詞・作曲:SARA ALLEN/JANNA M. ALLEN@/DARYL HALL/WARREN PASH

そして、オイラがディスクポート西武船橋店(後のWAVE)に赴任した時にBillboard誌のチャート1位👑が”Private Eyes“で、2位が”I Can’t Go For That“で、その後直ぐに”I Can’t Go For That“が1位になったのも覚えてる。🤔 この”I Can’t Go For That“も、ソウル🤎フレーバー溢れる曲んをやね。(⁠*⁠˘⁠︶⁠˘⁠*⁠)⁠.⁠。⁠*⁠♡この2曲が入ったアルバム『Private Eyes』のアルバムがバカ売れしていたのを覚えている。80年代初頭は、チャートランキング💹に関しては、”そこのけそこのけホール&オーツが通る”という、勢いがあった。

船橋店には半年しか在籍してなかったけど『H2O』のアルバムがリリースされ、たしかA面の1曲目が”Man Eater“だった。この曲もヒット‼️した。MTVの映像も鮮明に覚えている🤠 それからというもの、肉食系女子に「お前は、マンイーターかっ!🥶」と、ツッコむようになった😁。

◯✕△舐〜めた〜い♥ビール飲〜みた〜い🍺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 笑 must go on - にほんブログ村

カテゴリー

4件のコメント

「Everytime you go away」、良いですね。私はポール・ヤング版で初めて知りましたが。
もちろんホール・アンド・オーツも大好きです。どちらかというと「マンイーター」のようなディスコ寄りの曲よりこの曲のようなブルージーな曲の方が好みです。
久しぶりにゆっくり聴いてみようと思います。

去年の12月やったかな?ダリル・ホールのライブがZepp大阪であった。トッド・ラングレンとのジョイント・ライブ。後輩のジョニーは行ったらしい。次、関西でライブがあったら、絶対に行こうと思う。

1989年に大阪でトッド・ラングレンの単独コンサートなら見に行きました。その後、高野寛とつかしんのケーブルテレビで共演した時、同じライヴを見ていたことがわかり、盛り上がりました。「虹の都へ」がヒットする少し前の時期でした。

トッド・ラングレンに行ってるのが驚き!(⁠☉⁠。⁠☉⁠)⁠!高野寛と言えば、ボビー君やもんね。今でも精力的に活動してるしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
saichin
【サイチンのプロフィール】 某大手音楽ソフトリテイラーとして、長きにわたりマネージャーを務め、その後カリフォルニアスタイルのロングボードサーフ&ファッション・ショップを12年経営した。 ロングボード、ウィンドサーフィン、スキー、スノーボードなどの横乗り系スポーツ、バイク、車、ファッション、映画、旅行、雑貨、B級グルメ等、多岐の趣味を持つ。 音楽に関しては、洋楽、J−POPSのジャンルを問わず、広い知識を持つ。 特に、80年代J−POPSには無類の知識を持っている。 ユーミン、山下 達郎、竹内 まりあ.サザン・オールスターズ、角松 敏生、須藤薫、村田 和人、南 佳孝、稲垣 潤一、今井 美樹、芳野 藤丸(SHOGUN)、大瀧詠一&ナイアガラ関連etc… 洋楽では70‘sフォーク・ロック、80‘sAOR、フュージョンの知識は豊富である。 所有レコード2000枚以上、CD2000枚以上。(ピーク時) 好きな言葉は"Free&Easy"と"POP"  座右の銘は"明日は明日の風が吹く" そんな"ポップ"なウェア、雑貨、CD&レコードをヤフオクやメルカリにも出品している。 AOR&ウェスト・コースト関連レコード約400枚購入希望の方はコメント欄からお願いします。