🌟♡恋するふたり🌟🎙大瀧 詠一

《春爛漫🌸🌸シティ・ポップ🎶春うた》

作詞:多幸福

作曲:大瀧詠一

編曲:井上鑑

フジテレビ系ドラマ『東京ラブ・シネマ』の主題歌として制作された。前曲『幸せな結末』以来約6年ぶりの新曲。ワーキング・タイトルは松田聖子への提供曲”風立ちぬ“の春版として、”春立ちぬ“と名づけられていた

ワーキング・タイトル(Working title)とは、プロダクションタイトルや仮タイトルと呼ばれることもある、製品やプロジェクトの開発中に使用される仮のタイトルで、通常、映画製作、テレビ番組制作、ビデオゲーム開発、小説や音楽アルバムの制作などで使用される。

ブルー・レーベル、『A LONG VACATION』と”幸せな結末”の広告カード入り。当時SMEが導入していた“レーベルゲートCD”への対応策として、音楽トラックのほかにパソコン用プログラム「ナイアガラフォト」を収録したCD EXTRA仕様(音声未収録)。本作リリース時、大滝は「1990年代に作ったのは2曲(”幸せな結末”と”Happy Endで始めよう”)、2000年代は1曲(”恋するふたり”)だから、2010年代は0曲だろう」と語っていたが、2013年12月の死去により最後の作品となった(他ミュージシャンへの参加曲を含めると、2003年10月29日にリリースされた竹内まりやのアルバム『Longtime Favorites』収録の”恋のひとこと”〜SOMETHING STUPID、が最後となった。

大瀧詠一最後のシングルとなった”SOMETHING STUPID”

大瀧詠一氏のヴォーカルはドリーミーで優しい。ヴォーカリストとしては唯一無二の声の持ち主で、包容力があり聴くものを優しく包み込む…もし、彼がまだ生きていたらナイアガラ・トライアングルⅢを、竹内まりやと山下達郎の3人で、究極のシティ・ポップの金字塔となるアルバムが完成していたに違いない。事実、ナイアガラ・トライアングルⅢの構想はあったらしい。そして、はっぴぃえんどの再結成もあったかもしれないね。(⁠☆⁠▽⁠☆⁠)

大瀧詠一氏が他界してから早、10年が経った。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
saichin
【サイチンのプロフィール】 某大手音楽ソフトリテイラーとして、長きにわたりマネージャーを務め、その後カリフォルニアスタイルのロングボードサーフ&ファッション・ショップを12年経営した。 ロングボード、ウィンドサーフィン、スキー、スノーボードなどの横乗り系スポーツ、バイク、車、ファッション、映画、旅行、雑貨、B級グルメ等、多岐の趣味を持つ。 音楽に関しては、洋楽、J−POPSのジャンルを問わず、広い知識を持つ。 特に、80年代J−POPSには無類の知識を持っている。 ユーミン、山下 達郎、竹内 まりあ.サザン・オールスターズ、角松 敏生、須藤薫、村田 和人、南 佳孝、稲垣 潤一、今井 美樹、芳野 藤丸(SHOGUN)、大瀧詠一&ナイアガラ関連etc… 洋楽では70‘sフォーク・ロック、80‘sAOR、フュージョンの知識は豊富である。 所有レコード2000枚以上、CD2000枚以上。(ピーク時) 好きな言葉は"Free&Easy"と"POP"  座右の銘は"明日は明日の風が吹く" そんな"ポップ"なウェア、雑貨、CD&レコードをヤフオクやメルカリにも出品している。 AOR&ウェスト・コースト関連レコード約400枚購入希望の方はコメント欄からお願いします。