☀NEVER FALL IN LOVE AGAIN🎙サザン・オールスターズ🆚🎾Summer Vacation🎙竹内 まりやDuet 山下 達郎《J-POP♬シティ・ポップ🎶》

“さて…いよいよラストサマー🌞チューン♬

VS
ごめんなさい!達郎のヴァージョンはポスト不可でした。

🌟”NEVER FALL IN LOVE AGAIN“は、サザンオールスターズの6作目のオリジナル・アルバム『綺麗 』収録曲
⚪リリース:1983年7月5日

いよいよ9月…まだまだ夏は去らないだろうけど、この夏は個人的にろくな事がなかった…だからもう去っていいよ。ヾ⁠(⁠*⁠’⁠O⁠’⁠*⁠)⁠/

この曲は、”9月の風”と出てくるように、季節は秋…初秋感満点のマイナー調の♭♬メロディーが、夏が終わ…恋も終わる…秋の寂しさをイメージさせる。”Ray Charles”の名前さえ秋の季語になってしまってる。(笑)そう言えば、”季節はずれの海岸物語”で、1番流れた曲だ。夏がゆき、圭介の恋がいつも終わるからだ。

実は、この名サビ✨”I’ll Never Fall In Love Again“のメロディー♬が、ドリカムの曲”Fall In Love Again“(2010/11/30)”I’ll Never Fall In Love Again”と、音階が全く同じなのに気づいた!💡ドリカムがパクっちゃった!?(⁠゜⁠o⁠゜⁠;それともサザンをリスペクトしてるから??どうやらそれはなさそうだな…🤔

まぁ、聴いてみてよ🤗びっくりするから(⁠⑉⁠⊙⁠ȏ⁠⊙⁠)

I’ll Never Fall In Love Again“は、バート・バカラックの名曲✨の1つだけど、実際はどうなんやろね??🤔タイトルだけを頂いちゃってるのかな??(⁠⁠ ⁠╹⁠▽⁠╹⁠ ⁠)

🌟”Summer Vacation“は、元々は村田和人氏がアイドル時代の川島なお美に提供した曲で、歌詞が全く別物。作詞が安藤芳彦氏( 作詞作曲家であり、PARACHUTE、AB’Sキーボード奏者)のもので作曲&編曲は、村田和人氏だ。

まりや&達郎ヴァージョン🎶は、達郎氏の粘っこい声の存在感が強すぎて、まりやとのデュエットが溶け合っていないように思う。「偉そうにすみません!m(_ _)m」その点、村田和人氏とのヴァージョンは、まりや様と村田和人氏の声のキーが同じで、とても聴いていて爽やか✨に心地よく流れてる感じがする。

実は、もう一人村田和人氏が、この曲をデュエットしているシンガーがいる。杏里だ。

Summer Vacation“のヴァージョンをまとめると、川島なお美ソロ、田中友紀子のソロ、村田和人❎竹内まりや、竹内まりや❎山下達郎、村田和人❎杏里となる。

やっぱり竹内まりや❎村田和人のヴァージョンが最高に気持ちいい!🤗もちろん、達郎氏の承諾を得て、まりや様の産休明けを待ち、満を持してレコーディングに入ったのだから、村田和人の強い想いがようやく叶った曲でもある。

しかし、まりや様のヴォーカルのパートは、&達郎と村田和人と、キーも歌い方もが、全く同じなのが驚きだ!(⁠☉⁠。⁠☉⁠)⁠!おそらく完成形なんだろう。🤔やはりまりや様の声にはオーラ🌈があるね。(⁠*⁠˘⁠︶⁠˘⁠*⁠)⁠.⁠。⁠*⁠💟

作詞:安藤芳彦 作曲&編曲:村田和人

歌詞にある、”テニス🎾コートの出会い〜”は、良き昭和の情景。今ならさしずめ、イ・オンモールのフード・コートの出会いか…😁

夏🌞はまだつづく…

歌:川島なお美 作詞:安藤芳彦 作曲:村田和人 編曲:新川博
歌:田中友紀子 作詞:安藤芳彦 作曲&編曲:村田和人 

カテゴリー

7件のコメント

「NEVER FALL IN LOVE AGAIN」のルーツは、、ズバリ、エリック・カルメンの「NEVER GONNA FALL IN LOVE AGAIN」にあるとみました!
桑田佳祐の70年代アメリカン・ポップス好きは有名だし、私自身がエリック・カルメン率いるラズベリーズとサザン・オールスターズを愛してやまないからです。
まぁ、月並みなタイトルではありますが。

ウーン…確かに、エリック・カルメン’77のに、少し似てる気がする…
間違っても、トム・ジョーンズの”I’ll Never Fall In Love Again”のルーツではなさそうやね。

トラボルタのヴァージョン聴きました。トラボルタは歌がそこそこ上手いので、十分聴けました。

追伸。槇原敬之の「もう恋なんかしないなんて」もこの系譜ではないでしょうか?

大好きな曲です
出だしイントロが流れると何とも言えない気分です
ご存知かとは思いますが、この曲のベースはクラシック、ラフマニノフの交響曲第2番、エリックカルメンは見事にアレンジしてますね
https://youtu.be/sARMQczos1I?si=9lVme8CGI_clZ_aM

因みにですが、この曲は何とジョン・トラボルタも自身のアルバムで歌ってますよ
サタデーナイトでブレイクする前です

エリック・カルメンのもう1曲のビッグ・ヒット”All By Myself”は、ラフマニノフピアノ協奏曲第2番第2楽章ですよね。

ラフマニノフの交響曲第2番第三章ですよね。
音楽雑誌で大昔に読んだことがあります。
本当に美しい名曲ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
saichin
【サイチンのプロフィール】 某大手音楽ソフトリテイラーとして、長きにわたりマネージャーを務め、その後カリフォルニアスタイルのロングボードサーフ&ファッション・ショップを12年経営した。 ロングボード、ウィンドサーフィン、スキー、スノーボードなどの横乗り系スポーツ、バイク、車、ファッション、映画、旅行、雑貨、B級グルメ等、多岐の趣味を持つ。 音楽に関しては、洋楽、J−POPSのジャンルを問わず、広い知識を持つ。 特に、80年代J−POPSには無類の知識を持っている。 ユーミン、山下 達郎、竹内 まりあ.サザン・オールスターズ、角松 敏生、須藤薫、村田 和人、南 佳孝、稲垣 潤一、今井 美樹、芳野 藤丸(SHOGUN)、大瀧詠一&ナイアガラ関連etc… 洋楽では70‘sフォーク・ロック、80‘sAOR、フュージョンの知識は豊富である。 所有レコード2000枚以上、CD2000枚以上。(ピーク時) 好きな言葉は"Free&Easy"と"POP"  座右の銘は"明日は明日の風が吹く" そんな"ポップ"なウェア、雑貨、CD&レコードをヤフオクやメルカリにも出品している。 AOR&ウェスト・コースト関連レコード約400枚購入希望の方はコメント欄からお願いします。