💙If I Saw You Again🎙Pages👁Blue Eyed Soul🤎 euphoria💟music〜多幸感💛音楽🎶

作詞:ジェイムス・マンフレディー 作曲:リチャード・ペイジ、ジョン・ラング、スティーヴン・パーク

Pagesとは、Richard PageSteve Georgeを中心としたブルー・アイド・ソウル系のバンドで、イントロがごっつええ感じの”If I Saw You Again“や、ムーディー🤎な”Í Get it From You“は、ファースト・アルバム『Pages』(1978年)に収録。

Pagesの魅力である のRichard Pageヴォーカルには、ロック寄りのサウンドよりもジャジー&ソウル🤎サウンドが似合う。

1st『Pages』におけるグループのメンバーは、Richard Page(vo)、Steve George(key、vo)、Jerry Manfredi(b)、Russ Battelene(ds)、Peter Leinheiser(g)それ以外にゲストとして、Phillip Bailey(vo)、Lani Groves(vo)、Victor Feldman(vibe)、Michael Brecker(ts)等が参加している。また、ストリングスやホーン・セクションのアレンジャーとしてDave Grusin、Randy Breckerの名もクレジットされている。

Pagesは、アルバムを3枚残し解散。解散後の1984年に、この二人👥を中心に結成されたのがあの”キリエ“でヒット‼️を放ったMr.Misterだ。”ブロークン・ウィングス“等の全米🇺🇸No.1ヒット‼️を.ご存知の方も多いだろう。Pagesは、AOR/ブルーアイド・ソウルからMTV系80’sロックに華麗に変貌を遂げた。いや、オイラは華麗✨な変身とは思わない。リチャードの声の良さが活かされないと思ったから。でも、そんなことないんやね!リチャード・ペイジは、ChicagoTOTOリード・ヴォーカルのオファーがあったくらいだから…でも、どちらも断ったんやって…🥵「エ〰️ッ‼️🤮」

作詞・作曲:Richard Page/Steve George/John Lang

3rd Album『Pages』ジャケットより 左がリチャード・ペイジ、右がスティーヴ・ジョージ

Mr.Misterでの華々しい✨活躍からは考えられないが、ペイジズは、1978年アルバム『ages』でデビュー✨したものの、残念ながら当時、日本でのアルバム発売はなし。しかもアメリカ盤LPもかなりレアだった。

Pagesも、70’sサーファーが見つけ出したのだ。オイラはMr.MisterよりもPagesの方が好きだったって…😗70’sサーファーはみんなそう言ってるよ。(⁠゜⁠o⁠゜⁠;

“ペイジズは、ミスったぁ〜ミスったぁ〜!”って…

作詞:John Lang 作曲:Richard Page/Steve George
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 euphoria music多幸感音楽 - にほんブログ村

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
saichin
【サイチンのプロフィール】 某大手音楽ソフトリテイラーとして、長きにわたりマネージャーを務め、その後カリフォルニアスタイルのロングボードサーフ&ファッション・ショップを12年経営した。 ロングボード、ウィンドサーフィン、スキー、スノーボードなどの横乗り系スポーツ、バイク、車、ファッション、映画、旅行、雑貨、B級グルメ等、多岐の趣味を持つ。 音楽に関しては、洋楽、J−POPSのジャンルを問わず、広い知識を持つ。 特に、80年代J−POPSには無類の知識を持っている。 ユーミン、山下 達郎、竹内 まりあ.サザン・オールスターズ、角松 敏生、須藤薫、村田 和人、南 佳孝、稲垣 潤一、今井 美樹、芳野 藤丸(SHOGUN)、大瀧詠一&ナイアガラ関連etc… 洋楽では70‘sフォーク・ロック、80‘sAOR、フュージョンの知識は豊富である。 所有レコード2000枚以上、CD2000枚以上。(ピーク時) 好きな言葉は"Free&Easy"と"POP"  座右の銘は"明日は明日の風が吹く" そんな"ポップ"なウェア、雑貨、CD&レコードをヤフオクやメルカリにも出品している。 AOR&ウェスト・コースト関連レコード約400枚購入希望の方はコメント欄からお願いします。